BD-1 リーズ&ミューラー


BD-3

BD-1 リーズ&ミューラーの始まりは1995年のドイツ。

自転車のブランドとしてはそれほど歴史のあるメーカーではありませんが、間違いなく今のミニベロ・小径車ブームのきっかけとなった名車です。

初代のBD-1が日本に入ってきたのは、本国に遅れる事一年後になります。日本でのヒットが飛び火する形で世界へと広がり次々と様々なタイプのBD-1が登場します。

1997年に登場したBD-2はベルトドライブ式。その後もBD-1ZやBD-1C、フルチタンフレーム、ディスクブレーキの付いたモデルなど、たくさんのBD-1が登場しました。

2006年には今のBD-1の形となるモノコックフレームのBD-1が登場し、現在はこのモノコックフレームの形が入手可能なモデルです。

専門店の贅を尽くしたカスタムモデルはミニベロ乗りのあこがれです。

反面、リーズナブルなカスタムパーツも沢山販売されていますので、個人で気軽にちょっとしたドレスアップなども簡単に行えるのもBD-1の魅力じゃないかと思います。

つくづく面白い自転車です。

bd1

bd-1

イメージにあるのは仲間達のBD-1、みんなミニベロ・小径車歴が長いので2008年頃までラインナップにあった旧型のフレームのBD-1ばかりです。

みんなBD-1で自転車の魅力にどっぷりつかり、今じゃロードタイプの自転車に乗る奴なんかも居ますが、それでも、折りたたみ易さなどはBD-1はやっぱり良いよね、って感じで、遠方での集まりがあるとみんな車の中にBD-1を持って集まります。

bd-1 プジョー

沢山のBD-1の中には、プジョーやビアンキのブランドを付けたOEMのバイクもあり、ちょっと違うBD-1を選ぶ仲間も沢山いました。

 

スポンサードリンク

カテゴリー: ミニベロ おすすめ | Tags: , , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://minibero.com/bd-1.html/trackback/

ミニベロ専科の上へ