自転車道路交通法


自転車道路交通法、あえてこんなものと書きますが、普通、知りませんよね。

これらを本気でやるならば、行政は本気でちゃんと指導者を育成して、講習開いて普及させないと絶対に誰も守りませんから、、、。近頃、たびたび話題になる自転車道路交通法、仲間がサクッと纏めてくれました。

信号無視

法7条・・・3か月以下の懲役または5万円以下の罰金

一時不停止

○指定場所における一時停止違反
法43条・・・3か月以下の懲役または5万円以下の罰金
○踏切の一時停止違反
法33条・・・3か月以下の懲役または5万円以下の罰金
*一時停止の交通標識のある道路、狭い道路から広い道路へ出る際には、必ずいったん止まって、右・左の安全を確かめる必要があります。

右折、左折の合図をしない場合

法53条・・・5万円以下の罰金
*車両(自転車をふくむ)の運転手は左折、右折、転回、(Uターン)徐行、停止等または同一方向に進みながら進路をかえるときは、手、方向指示器などで合図をする必要があります。
たとえば右腕で合図を出す場合、
・左折・・・ひじを垂直に空に向けてあげる
・右折・・・地面と水平になるようにだす(手のひらは下を向ける)
・停止・・・地面に向けて45度ぐらいになるようにだす

手放し、傘さし運転

法71条 規則11条・・・5万円以下の罰金
*傘をさし、物を手に持つ等、運転の視野をさまたげ、または安定を失うおそれのある方法で自転車、バイク等を運転してはいけません。

二台横に並んで走ってはいけない

法19条・・・2万円以下の罰金または科料
*自転車は2台、3台と横に並んで通行してはいけません。
他車の通行をさまたげたり、交通事故に遭うおそれがあります。
道路の左端を縦に一列で通りましょう。

二人乗り

法57条第2項 規則9条・・・2万円以下の罰金または科料
*6歳以上の者が、安全な乗車装置に6歳未満の幼児1人を乗せているとき、または4歳未満の幼児をひも等で背負っているときはかまいません。

夜の無灯火運転

第52条 令18条 規則8条・・・5万円以下の罰金
車両等は夜間道路で前照灯、尾灯などの燈火が必要です。

自転車の飲酒運転

法65条・・・5年以下の懲役または100万円以下の罰金(酒酔い)
誰でも酒気を帯びて車両等(自転車を含む)を運転してはいけません。

 

スポンサードリンク

カテゴリー: ミニベロ乗りの日記 | Tags: , , , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://minibero.com/zitensyadouro.html/trackback/

ミニベロ専科の上へ